1. お手入れ方法

お手入れ方法

ウールニットのお洗濯

平成28年12月1日から、国内外の洗濯表示が統一され、衣類等の繊維製品の洗濯表示が新しい表示に変わりました。 改正に基づき、JOHN SMEDLEYのニットのケアタグも今シーズンより新しい表示に変わっています。

今までのように日本語での表記がなくなり、見慣れない記号が並んでいるので 、どのようにケアすれば良いのか分からない、という方もいらっしゃると思います。

JOHN SMEDLEYのニットについている新しいお洗濯表示の内容をご案内いたします。

Washing Newsymbols Guide
<新しい洗濯表示ガイド>

  • 液温は30℃を限度とし、
    洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
  • 裏返して洗濯ネット使用、中性洗剤使用
  • 漂白処理不可
  • タンブル乾燥禁止
  • 日陰の平干しが良い
  • 弱く絞る
  • 底面温度150℃を限度として
    アイロン仕上げができる
  • 石油系溶剤による
    弱いドライクリーニングができる
  • 非常に弱い操作による
    ウエットクリーニングができる

洗濯機で洗えるとの表示になっていますが、JOHN SMEDLEYのウールニットはドライクリーニングをおすすめしております。
正しい洗濯方法でお手入れ頂けましたらご自宅でも洗うことができますが、その際は手洗いをおすすめいたします。

Woolknit Care Guide
<ニットのお洗濯方法>

洗濯前の注意事項
  • 手洗い表示のニット製品を洗濯するにはぬるめのお湯で押し洗いするのが基本です。
    JOHN SMEDLEYのウールニットは30℃程度のぬるま湯を用意します。
  • 洗う前にニットのサイズをおおまかに測っておくと、洗った後に形を整えやすくなります。
  • ウールはアルカリに弱いため、中性洗剤を使用します。(おしゃれ着用洗剤や、ウール専用洗剤など)
30℃程度のぬるま湯を張り、水量に対して洗剤の表示に従った適量を溶かします。水温と洗剤の量、そしてよく溶かす。これがポイントです。
ボタンやファスナーをとめて裏返します。汚れがひどい部分を表面に出すようにたたみます。
洗剤液に浸します。洗剤の入ったぬるま湯につけて押し洗いをします。強く押したり、もんだり、こすったりしないでください。また長時間つけていると、色落ちや縮みの原因になります。短時間で洗い上げることが大切です。
ニット製品が十分に浸かるくらいのぬるま湯の中でやさしく押しながらすすぎます。途中ぬるま湯を入れ替えながら、洗剤の泡が出なくなるまで丁寧にすすぎましょう。
やさしく脱水します。ぞうきん絞りは絶対にしないでください。バスタオルを広げ、その上に洗濯物をおきます。巻き寿司のようにくるくると巻いていきます。
平干しで陰干しにします。(市販の平干しネットを使うと便利です)直射日光は色あせや黄変の原因になるばかりでなく、縮み方も大きくなります。手で形をきれいに整えて縮みを防ぎます。

コットンニットのセルフケア

JOHN SMEDLEYのコットンニットはご自宅で
洗濯もできるので、夏でも大活躍!

気になるのが汗をかく季節のニットのお手入れ方法。
少しの手間を加えるだけで風合いや型崩れを防ぐことができます。

お気に入りのニットを長く、キレイに着ていただくために
普段からできるセルフケアをご紹介!

care_pre
吸った汗や湿気を発散させるため、1日着たニットは数日休ませましょう。
汚れをためないようにエチケットブラシなどでブラッシングすることも効果的です。
ブラッシングの際は編み目に沿って優しくかけます。

JOHN SMEDLEYのコットンニットはご自宅で
洗濯もできるので、夏でも大活躍!

気になるのが汗をかく季節のニットのお手入れ方法。
少しの手間を加えるだけで風合いや型崩れを防ぐことができます。

お気に入りのニットを長く、キレイに着ていただくために
普段からできるセルフケアをご紹介!

①洗濯絵表示を確認

  • 液温は30℃を限度とし、
    洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
  • 裏返して洗濯ネット使用、中性洗剤使用
  • 漂白処理不可
  • タンブル乾燥禁止
  • 日陰の平干しが良い
  • 弱く絞る
  • 底面温度150℃を限度として
    アイロン仕上げができる
  • パークロロエチレン及び石油系溶剤による
    弱いドライクリーニングができる。
    ※ドライクリーニング処理は、タンブル
    乾燥を含む。
  • 非常に弱い操作による
    ウエットクリーニングができる

②洗濯機に入れる前の基本準備

 
ドライマーク、おしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。
色落ちテスト
色落ちが心配な場合は色落ちテストをしましょう。
目立たないところに洗剤をつけ、5分ほどたったら白い布などで軽く押さえます。
布に色がつくようであれば、色が落ちる可能性があります。
ピンポイントの汚れ対策
衿や袖口の気になる汚れや食べこぼしなどのシミは、洗濯機に入れる前に市販のシミ取り剤などで落としておきましょう。
洗濯ネット
洗濯機で洗う場合、ネットに入れて洗うことで型崩れを防ぎ、繊維の傷み、縮み、毛羽立ちなども抑えることができます。
衿や袖など汚れが多い場所を表に出すようにたたむと汚れ落ちやすくなります。

③洗濯機にかける

準備ができたらニットを裏返しにしてたたみ、ネットに入れ、ドライや手洗いコースなど優しい回転で洗い上げるコースを選択します。
最後のすすぎのときに柔軟剤をいれて柔らかさをキープし、型崩れを防ぎましょう。

④干し方

ハンガーで吊るすと水分の重さでニットが伸びてたるんでしまいますので、直射日光を避け、平干しをしましょう。
平干しをするスペースがないときは、しわを伸ばして物干し竿にかけましょう。
重さを分散させれば伸びてたるむことを防ぐことができます。
※平干し用のネットなどの洗濯グッズはホームセンターなどでご購入できます。

⑤たたみ方

洗濯をしてきれいになったニットをクローゼットへ収納しましょう! ハンガーにかけて収納すると重みで伸びてしまったり、型崩れの原因になりますのできれいにたたみましょう。
フード付きのものが上手くたためない・・・どうすればお店みたいにきれいにたためるの?
気になるたたみ方をご紹介します。
ニットの基本のたたみ方

後ろにひっくり返して袖を折りたたみます。

たたんだ袖と重ならないようにもう片方の袖を折りたたみます。

さらに内側へたたんでいきます。

後ろにひっくり返して袖を折りたたみます。

裾を肩の部分と合わせるように折り上げて完成!

パーカーのたたみ方

ニットの基本のたたみ方の1から4まで同じようにたたんでいきます。

フードを写真のようにたたむと余分なシワがつきにくく、おすすめ!

裾を肩の部分と合わせるように折り上げて完成!フードもきれいにたためました。

ラップカーディガンのたたみ方

ラップカーディガンもコツをつかめば簡単にきれいにたためます!

まずは表から。裾の端を写真のように反対側へ合わせます。

もう片方も同じように裾の端を反対側へ。ちょうど肩のラインと合わせるようにするときれいです。

裾の端を持って裏返します。

ニットの基本のたたみ方の1から4まで同じようにたたみます。襟の部分が三角形になるように整えましょう。

襟の部分を折りこみます。長方形を意識するときれいにたためます。

裾を肩の部分と合わせるように折りあげて完成!裾の処理をきちんとすればこんなにコンパクトに。

長い間収納しているとたたみジワが残ってしまうことがあります。
そのときは、当て布をしてスチームアイロンを丁寧にかけるとふっくらと仕上がります。
少し手間がかかりますが、長くきれいに着るためにこまめなセルフケアが重要です!