1. お手入れ方法

お手入れ方法

Washing Symbols Guide
<洗濯表示ガイド>

  • 液温は30℃を限度とし、
    洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
  • 裏返して洗濯ネット使用、中性洗剤使用
  • 漂白処理不可
  • タンブル乾燥禁止
  • 日陰の平干しが良い
  • 弱く絞る
  • 底面温度150℃を限度として
    アイロン仕上げができる
  • 石油系溶剤による
    弱いドライクリーニングができる
  • 非常に弱い操作による
    ウエットクリーニングができる

洗濯機で洗えるとの表示になっていますが、JOHN SMEDLEYのウールニットはドライクリーニングをおすすめしております。
正しい洗濯方法でお手入れ頂けましたらご自宅でも洗うことができますが、その際ウールは基本手洗いをおすすめします。

Woolknit Care Guide
<ニットの手洗い方法>

洗濯前の注意事項
  • 手洗い表示のニット製品を洗濯するにはぬるめのお湯で押し洗いするのが基本です。
    JOHN SMEDLEYのウールニットは30℃程度のぬるま湯を用意します。
  • 洗う前にニットのサイズをおおまかに測っておくと、洗った後に形を整えやすくなります。
  • ウールはアルカリに弱いため、中性洗剤を使用します。(おしゃれ着用洗剤や、ウール専用洗剤など)
まず水を張ったタブに、ゆっくりと湯気の立つお湯を注ぐ。
体温より低い30℃は、あったかい、というほどではないが
冷たくはない水温。自分の手を頼りにするのもいいけれど
あれば水温計を。

ちょうどいい温度になったら中性洗剤を溶かして、かき回す。
まず水を張ったタブに、ゆっくりと湯気の立つお湯を注ぐ。体温より低い30℃は、あったかい、というほどではないが冷たくはない水温。自分の手を頼りにするのもいいけれどあれば水温計を。

ちょうどいい温度になったら中性洗剤を溶かして、かき回す。
ボタンとファスナーを閉じるのを忘れずに、汚れが目立つ
箇所は表側にしてふんわりとたたみ、ぬるま湯に浸ける。
ボタンとファスナーを閉じるのを忘れずに、汚れが目立つ箇所は表側にしてふんわりとたたみ、ぬるま湯に浸ける。
やさしく沈めると、押し返してくるように水流が生まれる。
洗剤の溶けた水が繊維に染みて汚れが浮き出してくるように
タブのなかでゆるやかに上下させる。(20回程度繰り返す)

長時間つけていると、色落ちや縮みの原因になるので短時間
で洗い上げることが大切。
やさしく沈めると、押し返してくるように水流が生まれる。洗剤の溶けた水が繊維に染みて汚れが浮き出してくるようにタブのなかでゆるやかに上下させる。(20回程度繰り返す)

長時間つけていると、色落ちや縮みの原因になるので短時間で洗い上げることが大切。
ここで一度水分を飛ばす。畳んだままネットに入れて洗濯機
の中へ。30秒ほど脱水。手洗いでも脱水は洗濯機を使うのが
大事。脱水が終わるとすすぎ、ぬるま湯を取り替えて、丁寧に
すすぐ。洗剤の泡が出なくなるまで丁寧に繰り返す。
ここで一度水分を飛ばす。畳んだままネットに入れて洗濯機の中へ。30秒ほど脱水。手洗いでも脱水は洗濯機を使うのが大事。脱水が終わるとすすぎ、ぬるま湯を取り替えて、丁寧にすすぐ。洗剤の泡が出なくなるまで丁寧に繰り返す。
仕上げに畳んだままネットに入れて洗濯機で30秒ほど脱水
を行う。広げたバスタオルにニットを置き、バスタオルを巻き
ながら水分を拭き取っていく。
仕上げに畳んだままネットに入れて洗濯機で30秒ほど脱水を行う。広げたバスタオルにニットを置き、バスタオルを巻きながら水分を拭き取っていく。
手でシワを伸ばし形を整え、平干し用のネットに入れる。日差し
が直接が当たらないところにネットを吊るす。直射日光は色あせ
や黄変の原因になるばかりでなく、縮み方も大きくなるので注意。
手でシワを伸ばし形を整え、平干し用のネットに入れる。日差しが直接が当たらないところにネットを吊るす。直射日光は色あせや黄変の原因になるばかりでなく、縮み方も大きくなるので注意。

Knitwear Storage
<ニットの保管方法>

長くきれいに着るために
  • 型崩れの原因になるのでハンガーよりも、畳んで収納しましょう。
  • 長い間収納しているとたたみジワが残ってしまうことがあり、そのときは当て布をしてスチームアイロンを
    丁寧にかけるとふっくらと仕上がります。取れづらいシワがあるときは、霧吹きで水をかけてより丁寧に。
  • 着用の際には毛玉を防ぐためアウターやバッグの摩擦には注意。またベルトやアクセサリーに引っかかると
    ほつれ原因になるので、着脱の際はせわしなさを忘れるゆったりと過ごす時間としてご活用ください。

Washing Symbols Guide
<洗濯表示ガイド>

  • 液温は30℃を限度とし、
    洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
  • 裏返して洗濯ネット使用、中性洗剤使用
  • 漂白処理不可
  • タンブル乾燥禁止
  • 日陰の平干しが良い
  • 弱く絞る
  • 底面温度150℃を限度として
    アイロン仕上げができる
  • パークロロエチレン及び石油系
    溶剤による弱いドライクリーニングが
    できる
  • 非常に弱い操作による
    ウエットクリーニングができる
  • 石油系溶剤による
    弱いドライクリーニングができる

自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージのあるニット。正しい洗い方やお手入れ方法を知れば
ジョン スメドレーのニットも簡単にケアができます。ニットを洗濯機で洗う場合の手順と注意点をご紹介します。
万が一のトラブルやご自身でのケアに不安がある場合は、信頼のおけるクリーニング店へご依頼をおすすめします。

Knit Care Guide
<ニットの洗濯方法>

洗濯機に入れる前の基本準備

・洗剤選び
ドライマーク、おしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。
・ピンポイントの汚れ対策
衿や袖口の気になる汚れや食べこぼしなどのシミは、洗濯
機に入れる前に市販のシミ取り剤などで落としておきまし
ょう。
衿や袖口の気になる汚れや食べこぼしなどのシミは、洗濯機に入れる前に市販のシミ取り剤などで落としておきましょう。
・色落ちテスト
色落ちが心配な場合は色落ちテストをしましょう。
目立たないところに洗剤をつけ、5分ほどたったら白い
布などで軽く押さえます。
布に色がつくようであれば、色が落ちる可能性が
あります。
色落ちが心配な場合は色落ちテストをしましょう。目立たないところに洗剤をつけ、5分ほどたったら白い布などで軽く押さえます。布に色がつくようであれば、色が落ちる可能性があります。
・洗濯ネット
洗濯機で洗う場合、サイズぴったりのネットに入れて
洗うことで型崩れを防ぎ、繊維の傷み、縮み、毛羽立ち
なども抑えることができます。
衿や袖など汚れが多い場所を表に出すようにたたむと
汚れ落ちやすくなります。
洗濯機で洗う場合、サイズぴったりのネットに入れて洗うことで型崩れを防ぎ、繊維の傷み、縮み、毛羽立ちなども抑えることができます。衿や袖汚れ落ちやすくなります。

洗濯機にかける

毎回クリーニング店に出すのは、時間やお金もかかって
しまい、自身で手洗いをするのにも手間がかかってしまい
ます。実はコツさえつかめば、ご自宅の洗濯機での洗濯も
可能です。
毎回クリーニング店に出すのは、時間やお金もかかってしまい、自身で手洗いをするのにも手間がかかってしまいます。実はコツさえつかめば、ご自宅の洗濯機での洗濯も可能です。
洗濯機で洗う場合、ご用意いただくのはおしゃれ着用洗剤
と洗濯ネット。
洗濯機で洗う場合、ご用意いただくのはおしゃれ着用洗剤と洗濯ネット。
洗濯ネットに収まるようにニットを畳みます。欲張らずに
ネットひと袋につきニット1枚をいれていきます。その際
洗濯ネットのサイズぴったりに納めるのがポイントです。
洗濯ネットに収まるようにニットを畳みます。欲張らずにネットひと袋につきニット1枚をいれていきます。その際洗濯ネットのサイズぴったりに納めるのがポイントです。
洗濯ネットに収めたニットを洗濯機にいれていきます。
そして洗濯機の設定は、ドライコースか手洗いコースと
いったやさしく洗うモードを選びましょう。
洗濯ネットに収めたニットを洗濯機にいれていきます。そして洗濯機の設定は、ドライコースか手洗いコースといったやさしく洗うモードを選びましょう。
お湯で洗うと縮みの原因になるので、冬場でも必ずお水で。
脱水後に、手でシワを伸ばしカタチを整えてから干しましょう。
お湯で洗うと縮みの原因になるので、冬場でも必ずお水で。脱水後に、手でシワを伸ばしカタチを整えてから干しましょう。
平干し専用ネットの使用をおすすめしますが、物干し竿を使う
場合は、二つ折りの状態にして、袖をたらさないようにしてくだ
さい。また、直射日光を当てると変色の可能性があるので、必ず
陰干ししてください。
平干し専用ネットの使用をおすすめしますが、物干し竿を使う場合は、二つ折りの状態にして、袖をたらさないようにしてください。また、直射日光を当てると変色の可能性があるので、必ず陰干ししてください。

How to Fold Knit
<ニットのたたみ方>

ニットウェアを裏返して袖を折りたたみます。

たたんだ袖と重ならないようにもう片方の袖を折りたたみます。

さらに内側へたたんでいきます。

反対側も同じように内側へたたんでいきます。

裾を肩の部分と合わせるように折り上げて完成!


送料無料キャンペーン開催中