1. History

History

ジョン スメドレー社は、1784年、ジョン・スメドレーと彼の共同経営者であるピーター・ナイチンゲールにより、イングランドのダービーシャー州マットロックのリーミルズに設立されました。 小川が流れるリーブリッジ付近は、動力と一定の流水が手に入るということで、理想的な工場となりました。
1764年設立当初は、綿花の紡績と生地造りに専念し、モスリン(薄手の生地)の生産と綿花を紡ぐことに力を入れていましたが、18世紀の終わりには、靴下製造や毛織物業まで手を広げました。
1819年、ジョン・スメドレーの息子であるジョン・スメドレー2世(ジョン2世)が工場で見習いとして働き始め、その後6年間の修行を経て、24歳で経営を継ぎました。 ジョン2世は、優れた行動力と先見の明を持ち、“製品を完全に仕上げるために必要な全工程は一貫して工場内で行い、原料には最上級の品質を用いるべきだ”という理念を掲げ、工場の近代化と拡大を図りました。そして小さな紡績工場から始まったJOHN SMEDLEYを一貫したラインで製品作りを行うニットメーカーへと発展させたのです。
これらの方針は、いまもなお、会社の成功の基礎となり続けています。さらに4代目のジョン(ジョン・B・ マースデン・スメドレー)が1888年から会長となり、当時最先端の紡績機と編み機をいち早く導入し、ファインゲージニット(ハイゲージニット)ウェアの製造に着手しました。
その製品は当時のイギリスには匹敵するものがないといわれるほどきめ細かい編目の美しいものでした。それが世界中で愛される、最高のニットウェアとして今に伝えられているのです。
さらに、下着の生産から、スイムウェアやナイトウェアへの取り組みに、これまで以上に事業を拡大しました。これらが基盤となり、ニットウェアを海外市場へ進出させることに成功しました。
近年、多くのハイゲージニットブランドが出てきていますが、中でもハイゲージニットブランドの原点にあるのがJOHN SMEDLEYであり、パイオニア的なブランドです。
JOHN SMEDLEYは工場としての信頼も高く、イギリス国内ではポールスミスやバーバリー、ヴィヴィアン ウエストウッド、マーガレットハウエル、国外ではコム デ ギャルソンやブルックス ブラザーズ、ポール スチュアートなどが工場を使用しています。
商品1点の生産工程の中に多くの手作業があり、生産に携わる職人の中には40年ものキャリアを持つ人も少なくありません。
現在の工場では、最新のコンピューター制御の機械も使われていますが、そこには古くから使われ続けている機械もあり、各工程において、何世代にも亘って受け継がれた職人の技術が必要とされます。
最高級の素材、長い伝統により培われた技術、そして最新のテクノロジー、それらの融合がジョン スメドレーのニットウェアを生み出しているのです。
背景に長い歴史があり、職人の手作業によって作り出されるJOHN SMEDLEYは他社製品に比べると工芸品的な要素も併せ持つ、温もりを感じられるブランドでもあります。  

Holiday Gift