1. IDEAL FOR TODAY’S LIFESTYLE

IDEAL FOR TODAY’S LIFESTYLE


自身を”ファッション”デザイナーではなく、”クロージング”デザイナーと呼ぶマーガレット・ハウエルさん。流行ではなく、良質を求めて、モダンクラシックなスタイルを更新し続けています。そして長年取り組み続けているジョン スメドレーとのコラボレーション。春夏はシーアイランドコットンを、秋冬はメリノウールを使ったさまざまな洋服を一緒に作ってきました。 今回は、そんなジョン スメドレーの洋服づくりと重なる価値観を提案するマーガレット・ハウエルさんに話をききました。

INTERVIEW






John Smedley’s sea island cotton short sleeve knitwear used as a pyjama by Margaret Howll.

「私がジョン スメドレーを知ったきっかけは、私がまだデザイナーとして駆け出しの頃にフリーマーケットだったか、アウトフィッターと呼ばれる老舗の紳士服売り場のどちらかで何かいい服がないかな?と洋服を探していた時だったと思います。そこで見つけたのが”フロックス”と呼ばれる前身ごろにボタンがついたジョン スメドレーの肌着でした」ジョン スメドレーとの出会いについて語るマーガレット・ハウエルさん。普遍的な魅力を持つ服を探求し続け、創立50周年を迎えたマーガレット・ハウエルを手掛けるクロージングデザイナーです。

「昔購入したり、共作したジョン スメドレーのニットウェアはいまだに持っているものもありますよ。ジョン スメドレーの服って捨て時がわからないですよね。それはその服が生活の一部と化してしまっていることなんだと思います。『くたくたになっても捨てられない』と悩んでいるのはきっと私だけではないはず」”捨て時がない”。マーガレットさんはシーアイランドコットンのショートスリーブニットをパジャマとして寝るときに着用していました。それも今でも大切に保管されています。 まだまだ駆け出しのデザイナーだった頃、偶然紳士服売り場で見つけたフロックスを頼り、マーガレットさんは、ダービーシャーにあるジョン スメドレーのファクトリーの門を叩きます。


“I think some aspects of my work are influenced by nature, but inspiration is complex and hard to define.”




「ものすごく感動しましたよ。そのとき工場を案内してくださった方がアーカイブルームも見せてくれたんです。そこにはシーアイランドコットンとメリノウールを使用したファインゲージのフルファッションのニットウェアがたくさんありました。その洗練された生地感やガーメント自体に強烈に惹かれたのを覚えています」その時の感動からマーガレットさんは、いつかジョン スメドレーの生地を使って洋服を作りたいと思うようになりました。

一見変哲もないシンプルなデザインの奥に、長い年月をかけて培った熟練された技術。「私はワークウェアやスポーツウェア、ユニフォームからインスピレーションを得ています。つまりアクティブに働く時代のライフスタイルに寄り添う服。私が考えるに、服は機能的で目的に合ったものでなければなりません。そしてデザインする上で大前提としていることはそれが着やすいかどうか。着やすさがあるからこそ、生活の一部のシーンだけに限らず、もっと柔軟に寄り添う服になり、さらに愛情が沸いてくるんだと思います」これは、マーガレットさんの「捨て時がわからない」という言葉に繋がります。現在は気軽かつ安価に洋服を購入できる時代となりました。と同時に”サスティナブル”にも注目が集まっています。作り手は、同様に地球にどれだけ負荷を与えることなく生産を継続できるかが問われ、使い手もまた無闇やたらに買うことを考え直すことが大切になりました。





A knitwear from past collaboration with John Smedley , kept by Margaret Howell over the years.

「私はある種このトピックに対して本能的に行っていたところがあると思います。デザイン性を主とすることなく、目的や機能を主にした洋服であれば、自然と着る回数も増え、クローゼットにいる時間も長くなります。重い服や動きにくい服を作ることにデザイナーとして意味を見出すことができません」ジョン スメドレーには235年以上の伝統があります。アンダーウェアブランドとしてスタートしたジョン スメドレーはマーガレット・ハウエルの服と同様に、目的を主とした洋服づくりを続けています。それこそが素材の質にこだわった、誰にでも似合うシンプルなニットウェアです。

最後にマーガレットさんにジョン スメドレーと価値観が似ている洋服以外のものを3つ挙げてもらいました。「ショップで継続的に販売しているアーコールの椅子、そしてアングルポイズのデスクランプ、ホワイトハウスコックスのブライダルレザーのバックとベルトです。これらのメーカーはいずれも専門的な知識と経験を持ち、長年に渡り進化を繰り返し現代のライフスタイルに合わせながらも、変わらぬ信頼性の高い製品を作り続けています。それこそ私がジョン スメドレーを信頼する理由ですね」







Three non-clothing items featuring John Smedley values, according to Margaret Howell : the Ercol chair, the Anglepoise desk lamp, and the Whitehouse Cox bridle leather bags and belt.

RELATED ITEM



Item : BELINDA ¥31,000+tax



Item : HELANA ¥34,000+tax



Item : KANDICE ¥31,000+tax